忍者ブログ
TRPGとメタルフィギュア好き。 現在オンセはD&D、ウォーハンマーRPGに参加、ダブルクロスのGMをしています。 タイトルの由来はダイエットしなくちゃならないところだから。 コメントは拍手ボタンからお願いいたします!

ダブルクロスセッション「メンチカツ争奪戦」終了―。 メンチカツほしさに校長先生がイージーエフェクト「猫の道」でPCのマネして出てきたが、女子トイレ部分を通過したところで戦闘終了。 これ絶対後で生徒たちの噂になる系 pic.twitter.com/9rEn4NtSKS
posted at 01:26:32


拍手[0回]

PR
データ目次



…を作成中です。




◆セッション情報




◆学校情報




◆NPC情報

拍手[0回]

来週行われるオンラインセッション『メンチカツサンド争奪戦!』。
現在オープニングフェイズが終わったところです 。

というわけで、ミドルフェイズの説明をこちらに。



今はオンセメンバーとのセッションですが、いずれ突発セッションも募集するかと思いますので、興味のある方はぜひぜひお読みくださいー。





◆ミドルフェイズ1



・基本的にGMとPLの1on1スカイプを行います。持ち時間はリアルタイムで15分です。
・他のPCへ干渉するような場合は、相手PLをスカイプにお呼びすることがあります。
・1フェイズに1アクション行うことができます。

・時間
・場所
・内容

を指定してください。
例)
・10分休みに、職員室に田原にメンチカツサンドについて聞きにいく。
・5分休みに、体育館に陽菜を軟禁する。
・2時間目の授業中に階段にトラップをしかける(椅子、テーブルとガムテでバリケードを作る)。




ルール
・指定できる時間は、「1時間目(の最中)」、「5分休み」、「2時間目(の最中)」、「10分休み」の4つです。(それ以外についてはGMに相談してください)
・できる活動は、「相手から情報を聞く」「相手の行動に制約を与える」「トラップなどの工作物を製作する」です。
・相手の動きに制約を与える行動は、相手をチャットに呼び出し、対抗判定とします。
なので、「やろうと思ったことが失敗」することがあります。
・NPCなどに情報を聞く場合、相手がその場所にいない場合、情報を集めるチェックを行います。判定は知覚、交渉、調達、情報のどれか適したもの、難易度は3、5、7、9です(7、9は相手が隠れている場合です)。
・授業中は長い活動ができますが、教師に見つかり連れ戻される可能性があります。3回の教師からの「知覚または交渉7」をかわすことで行動することができます。
(出来上がった工作物などは、達成値に+3できます)
・ワーディングを貼ることはできません(体育:平山辰雄(ブラム=ストーカー/キュマイラ)に気づかれ、そのまま体育準備室で説教を受けるため、争奪戦よりドロップアウトとなります)




運用についてはいずれミニリプレイで紹介したいと思います!

拍手[2回]



◆NPC情報





◆川島 陸







◆情報





GM:氏名:川島 陸
性別:男
髪:短め
目:一重まぶた
体格:普通
特徴:いじわる
癖:発言が空気

拍手[0回]



◆NPC情報





◆平山 辰雄







◆情報





GM:氏名:平山 辰雄性別:男髪:短め目:笑ったような眼身長:高め特徴:目が笑ってない癖:超肉好き

拍手[0回]

◆NPC紹介



田原明日香(たはらあすか)





◆データ


氏名:田原 明日香
性別:女
髪:ストレート
目:糸目
身長:低め
特徴:語尾を伸ばす
癖:肉嫌い


2年7組の担任。20代前半。担当は国語。
真面目そうなおっとり女性。
いつもちょっとさびしそうに笑ったように見える糸目。
肉嫌いと言っていたのだが、よく聞くと「おいしい肉は特別ですー」とのこと。今は学校の購買で入手できるメンチカツサンドにご執心らしい。



◆情報


・彼女が持っていたロケットペンダント(古)に、筆宮の元持ち主であった人物とよく似た写真を入れて持っていた。
 →現在よろずの手にある。

・一輝は彼女のlineのIDを「情報」で購入
 →全員「「「そんなに!」」」

・アンチ芋けんぴ協会の会員らしい。彼女の弁当には、秘密の会議の時刻と場所の暗号が隠されている…らしい。

拍手[0回]

ダブルクロスの記録をのこしておきますよー。

オープニングシーン、PC4、燐さんのシーンです。







◆OP04 追跡






~~ここからはシナリオのネタばれを含みます。
まだプレイしていない方は、プレイ後にお読みください~~





















燐「じゃあ最後はPC4の俺かな」

GM「ではりんりんお願いします!時間はさらにさかのぼって、回想シーンとなる」

陽菜「回想するだけシーンなの!?」

GM「はい。でも、しゃべっていいし、行動していい。時間は過去だけど、その物語をこれから作り上げるので、どんどん動いて作り上げていいんです」

陽菜「なるほど!」








シナリオを書き上げるタイプのTRPGでは、過去を演じることもなんの問題もありませんよ!
それに合わせて未来の出来事が変化していくだけです。
じゃんじゃん作ってしまいましょう!





GM「さて、あなたは霧谷から以前よりF市で活動しているファルスハーツの調査を受けていた」

燐「ふむ」


GM「現在、"シューラ・ヴァラ"と呼ばれる、新手のエージェントに関しての調査を進めているよ。市内に潜入している"ディアボロス"春日恭二のアジトのひとつを突き止めた燐は、彼と誰かもう一人の会話に耳を澄ましている」

春日恭二「では、これよりプランを実行するぞ。準備はいいな、"シューラ・ヴァラ"」


GM「と、その時」

燐「!?」

GM「殺気とともに鋭利な刃がキミを狙って突き出された!」

燐「ん、何とかかわせる…かな」

シューラ・ヴァラ「UGNのネズミめ。こそこそと嗅ぎ回っているのか。"ディアボロス"、今のうちに引き上げよう」

拍手[0回]

ダブルクロスはじめましたー。

オンセ2回目、まだオープニングシーンです。
PC3、よろずさんのシーンです。







◆OP03 世界の裏側






~~ここからはシナリオのネタばれを含みます。
まだプレイしていない方は、プレイ後にお読みください~~




















GM「ではでは、よろずさん」

よろず「はい」

GM「ここはF市そばの大都市。UGN日本支部の部屋の一室。君の前には霧谷雄吾がいるよ」

一輝「おー。ルールブックに乗っている人だね!」



霧谷雄吾

UGN日本支部の支部長。35歳ぐらい。




霧谷「あなたには先ほど電話連絡したとおりです。大きな事故から奇跡的に生還した学生がUGNに保護されました」

よろず「はい、聞きました」

霧谷「彼女は、オーヴァードとして覚醒してしまいました。それだけではありませんでした」

よろず「というと?」

霧谷「この事故の裏に、FHの関与があるようなのです」

よろず「ファルス・ハーツ…」

GM「『では、これを』といい、霧谷はUSBメモリーを渡す。『後はこちらを確認してください。では』」

よろず「……」

GM「というと、霧谷はみじかい打ち合わせを終わらせて出て行くよ」






一輝「ところで、電話連絡って…携帯電話かな」

よろず「わたしは携帯電話などというものを持っていないかもしれません」

燐「いやいや高校生だし携帯ぐらいは持っていようよ」

よろず「使い方がわかるものだろうか…?」

燐「いや通話と切るのだけは行けるんじゃないの?」

よろず「ふむ、ではそのぐらい教えてもらって出来るようにしておこう」


GM「え!そんな感じ?」

よろず「ええ、わたしは大正生まれですし」

GM「んと…じゃあ、霧谷は会議室にパタンと戻ってきた」

よろず「?」

霧谷「筆宮さん、すみませんでした。これを」

GM「と言うと、霧谷は手にしていたコピーした書類を手渡す」

よろず「!」

GM「すみませんでした、私より年上の方にそれ(USB)も失礼でした。紙の書類でお持ちください」

よろず「良かったと思いつつUSBをお返ししておきます」

全員「なんか霧谷さん若く感じるな!」

よろず「大正生まれに比べれば、ね」





#2-3 OP02 覚醒 << #2-4 OP03世界の裏側 >> #2-5

拍手[0回]

ダブルクロスはじめましたー。

オンセ2回目、まだオープニングシーンです。
PC2一輝くんのシーンです。





◆OP02 覚醒






~~ここからはシナリオのネタばれを含みます。
まだプレイしていない方は、プレイ後にお読みください~~








































GM「では次、天地一輝くんだね。一輝くんは先ほどから数日前の話を…」

一輝「はい」

GM「あなたはUGNのエージェントだ。同じ学校の『矢上秀人』の動向を追っている」

一輝「同じ学校?じゃあ、彼も同じクラス?」

GM「いや、陽菜と同じ…3組だね」

一輝「そうか、じゃあ、『こちら側の人』というわけじゃないんだ」

GM「そうだね、まだ確証はない。が、彼にはFH(ファルスハーツ)のエージェントではないかという嫌疑がかけられている」




UGN(ユー・ジー・エヌ)
Universal Guardians Networkの略。人間とオーヴァードの共存を目指す組織。


FH(ファルス・ハーツ)
オーヴァードで構成された国際テロ組織。




一輝「ふーん、ファルス・ハーツねえ…」

GM「数日の調査の結果、彼は成績、運動も普通、部活も加入していない、どこにでもいる普通の学生…というところしかわかっていない」

一輝「特に何も出てきてないってことですね」

GM「そう。そして今日も放課後に調査のための尾行をしていた時だったが…その存在が消えた」

一輝「?」

GM「見失った途端、そばを走っていたバスが突然右に大きく揺れたかと思うと、横転、炎上する!」

一輝「…!さっとまわりを見渡す。同じ学校のやつがいれば、そいつに『救急車呼んで!』など的確に指示を出して被害を最小限に食い止める」

よろず「おお、さすが生徒会。そういったことに気がつくな」

一輝「いえ…これで人払いができ、道義的な仕事を果たしたにすぎません。私が自由に動くためのいわば『ウォーミングアップ』ですよ

全員「「「賢い人って怖い!」」」」

一輝「バスの爆発は、もしかしたら矢神の仕業かもしれない…注意しながら近づきます」

GM「一瞬矢神の姿が見えたか、と思ったのですが、炎上の煙で確認するまでには至りませんでした。かわりに…PC1、陽菜…」

陽菜「は、はい?」

GM「あなたの『覚醒した姿』について教えてください」

陽菜「あ!はい、ええと…あの、その…」

燐「なんかうまく説明しづらければ、『あのアニメのアレ』というようなたとえでもOKっすよ」

陽菜「そうか!あのね、『闇のパープルアイ』みたいなかんじ!」
GM「陽菜、説明ありがとう!でもその例え、私以外通じないですよ!w」




先に「オンセは年代違う人でも遊べるところがいいですよね!」と書きましたが…。
私たちグループもそれでして。


ぱーる
なべ









けい&flam


のなか

ぐらいの開きがあります… wwww




燐「わかんねえ…w」

一輝「わかんないですねえw」

陽菜「あ、ええっと、すばやさを生かしたなんか…に変わるんです。体には豹のような模様が浮かんで…手とかは大きくなってて、それはクイックスタートの『不確定な切り札』のイラストに似ている感じで…」

GM「…という『こちらがわの人』が、一輝の目に飛び込みます」

陽菜「登場していいんですか?それなら、爆発から飛び出してきた私の手に…いえ、豹のような大きな獣の背に、気絶している真花を乗せて飛び出てきます」

一輝「これは…」

陽菜「一輝さんを見て、『真花を助けて…そして…』」

GM「と、一言発したところで陽菜は力尽きて倒れます。浸食値をあげておいてね」

陽菜「たおれた!早い!」

一輝「矢神のことを調べていたはずなのに、思っていなかった展開ですね…まずはUGNに連絡して、事態の収集をお願いしますか」

燐「さすが天地くん、このゲームの何たるかをつかむのが早いな」

GM「次はよろず、あなたのシーンです」

よろず「ふむ。二人を収容すればいいのかな?」

GM「その二人に会う直前のシーンになりそうですね。ではでは…」





#2-2 OP01 はじまり<< #2-3 OP02 覚醒 >> #2-4 OP03世界の裏側

拍手[0回]

オンラインセッションでダブルクロス始めました!(冷やし中華的な感じで)



6/15は1回目のセッションです!
オープニングフェイズです!




◆OP01 始まり




~~ここからはシナリオのネタばれを含みます。
まだプレイしていない方は、プレイ後にお読みください~~









































GM「さて、それではセッションを始めますね。まずはPC1、陽菜さん」

陽菜「は、はい!なんか緊張します!」




あ、そうでした。

オープニングフェイズ、PC1は一番初めに出てくるものでした…。
ダブルクロスが初めての人なんだから、順番変えれば良かったんですが。

まあいいでしょう。TRPGは初心者どころか猛者だし。(しれっ)






GM「陽菜がロイス…関係を結んでいるNPCの綾瀬真花(あやせまなか)とのシーンです。彼女はNPC診断を振った時に…」
癖:超肉好き
GM「…が出たので、これを設定に生かします」

全員「…NPC…」

GM「陽菜と真花は3組の同級生です。この日、真花は目を輝かせて陽菜にチラシを見せます」

真花「陽菜、陽菜、これ見て!」

陽菜「な、なに?…ちょっと真花の気迫に押されながら返事します」

真花「これ!今日から街で始まったの!バスに乗っていかない?『ローストビーフ食べ放題90分』!!」
(爆笑というより苦笑)



PC1のオープニングは、「バスに乗って爆発に巻き込まれる」です。

日ごろバスに乗っていないPC1を乗せる理由は何でもいいと思うのです…ので、NPCのイメージづけと一緒に行います。
NPCだからかわいくなきゃダメ? いえいえ、覚えてもらえる、印象深いほうがいいと思いますw




陽菜「ん、まあいいよ…じゃあ放課後ね、と約束します。肉なんだ…w」

一輝「肉かあ…w」

GM「授業が終わり放課後になると、真花はとても楽しそうにして、陽菜とつれだってバスに乗り込みます」

真花「思ったより混んでるね、バス…あ、後ろの席空いてる。あそこに座ろう、陽菜」

陽菜「う、うん、ローストビーフ楽しみだね…」

真花「うん!」

よろず「彼女らが座った前の席には、同じ目的であろう巨体の男性2人が所狭しと座っていたり」

燐「バス前の方では汗を拭きながら巨体の男性が道をふさぐように立っていたりして」

一輝「人数はそれほど多くないんだけどバスは混んでいるんだろうな…」

陽菜「そういう意味で混んでたの、このバス!

GM「バスの間も、陽菜と真花は肉のことだけでなく、友達のこと、勉強のこと、授業のことなど、いろいろな話をしています。すると、少しだけ真花は黙ったあとに、それから」

陽菜「?」

真花「ね、ねえ、陽菜ってさ、好きな人とかいたりするの?」

陽菜「え!」

真花「クラスに好きな人いるって聞いたけど、本当かな…って…」

一輝「いきなりぶっこんできますね」

陽菜「え、え…いや、まだそんなんじゃないかな…友達ならいるけど…」

GM「少し真面目な声をしていた真花はそこでいつもの表情に戻り、『そっか!いきなりきいてごめんね、私もまだいないから、みんなはどうなのかなって思って!安心したよ!』と取り繕うようにいいます」





肉、いえ、街の中心部に向かう人を乗せたバスは、颯爽とビルを道を通り抜けて進む。
しかし、そのバスは乗客の願いや欲望を叶えることはできなかった--




陽菜「え?」

GM「陽菜が話の途中でふと前を見た時、バスの前方に人がいたような気がしました」

陽菜「え?え?」

GM「その人がバスのほうに向かってきたかと思うと…バスは大きく右に傾き、そのまま横転する。視界は爆音ととも真っ白になり…」

燐「(早口で)バスガスばくはつ!」

GM「そう!バスは爆発してしまうのでした 。そのまま陽菜はいったん気を失います。失う前にしておくことは?」

陽菜「あ、えーと、瞬間的に『真花、危ない!』と、彼女をかばいます!」

GM「いいね!バスの横転のさなか、二人の女子高生は抱き合いながら白い煙に包まれながら、見えなくなって行くのでした…というところでシーンを切ります。あ、忘れていました。シーンに登場したので、浸食値の上昇をしておいてください」

陽菜「1d10ですね。えいっ」

陽菜:1d10 浸食率
DoubleCross : (1D10) → 10

陽菜「30から40にあがりました…!この浸食値がどういう意味なのかあまりよくわかってないけど…たくさん上がって怖いです!」

燐「戦いになった時に…わかるよ(ニヤ)」








#2 PC紹介<< #2-2 OP01 はじまり   >>#2-3 OP02 覚醒

拍手[0回]

HOME 次のページ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
xxについて
HN:
pearl_of_power
HP:
性別:
女性
趣味:
TRPG
自己紹介:

ゲームばかりの人生。セラヴィ。





カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近買ったもの3つ
最近買ったもの3つ





コメント
[11/27 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/15 ぱーる]
[08/06 ぱーる]
[02/20 ぱーる]
[01/18 ぱーる]
[12/13 ぱーる]