忍者ブログ
TRPGとメタルフィギュア好き。 現在オンセはD&Dしています。 タイトルの由来はダイエットしなくちゃならないところだから。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今宵もあなたと、「愛のアドベンチャー・ゲームブック」を。


はじめから読みたい方はこちら


ティムが失礼なことを言ってたんだっけ。





泥棒は自分の剣をぬいた。
波上場の男たちが集まってきて、ちょっとした人だかりになった。
あなたは泥棒にためされている。
この堂々たる武器を使いこなせる力を示さなければならない。

あなたは魔法の盾をもちあげると、腰を低くし、身についた戦闘姿勢をとり、アベンジャーを前にかまえた。

ティムはニヤリと笑い、しなやかな、ねこのような動きで、あなたのほうへ進んできた。

「盾をもっていないじゃない!」

あなたは叫んだ。

「どうしておれに必要なんだ? あんたはそんな近くまで寄れっこないさ!」




信じちゃダメだよ!
クラシックD&Dでは、シーフは盾を装備できないからだよ!w


あざけりに怒り狂い、あなたは無礼者に突きかかった。
ティムのひきしまったからだはすばやく宙に飛び、あなたは彼を見失った。
彼は剣のひらたい刃で、甲冑を着たあなたのおしりを、ぴしゃりと音をたててたたいた。
野次馬たちは、あなたが痛む尻を片手ですばやくさするのを見て、大声で笑った。

落ち着け、あなたは自分にいいきかせた。
あわててはいけない。
冷静さを忘れずに、チャンスを待つんだ。




おしりうたれた!
きっと、子供の「おいた」におしりを打つ、ぐらいの意なんだろう。
くそう…!


やっとのことで怒りをおさえ、あなたは自分の動きに気をくばりはじめた。
泥棒のまわりをまわりはじめる。
相手はよどみなく向きを変え、あなたのすべての動きから目を離さない。
からかうような笑いを絶やさずに、彼はあなたが距離をせばめるのを許している。

ふいに泥棒が視界から消えたとき、あなたはくるりと向きを変え、すんでのところで、またおしりをたたかれるのを防いだ。

「二度と同じ手はくわないわ!」

あなたは、テイムがいつも、剣を避ける際に、左側から身をひるがえすことに気づいた。
あなたは、すばやい動きで、剣を右側に突きだすと同時に盾を地面に投げつけた。


あなたのもくろみどおり、テイムは空中にとびあがり、不安定な盾の上におりて、バランスをくずした。
身の軽い泥棒もさすがに前につんのめり、両手をついた。

一瞬、ティムの革ズボンにつつまれたひきしまった尻がつきでた。
あなたは全身の力をこめて、アベンジャーの平たい刃を、お尻にぴしゃりど打ちつけた。
ティムのからだは、前のめりに一回転して、あおむけに大の字にころがった。

見物人たちのやじとかっさいは、耳をろうするばかりだった。
何がおきたのかに気づいたとき、ティムの日焼けした顔は、怒りにそまった。

「もうおわりですか?」

あなたはわざとやさしくたずねた。

「いまはな!」

彼はうなり声を出した。

上品な手つきで、あなたは魔法の剣を大きな弧をえがいて振り、待ちかまえているさやにいきおいよくもどした。
手袋をしたままの手をのばし、ティムに手を借して立たせようとしたが、怒り狂った泥棒はあなたの手をはねのけ、自分でとびおきた。
彼はあざける野次馬たちを押しのけて、人びとの中へ姿を消した。




この本をはじめて読んだ時の、わたしの反応。

「ざまーみやがればーかばーか」

頭弱すぎる…w


あなたはものもいえなかった。若い泥棒の手があなたの手をはらいのけたとたん、守護指輪がはげしく脈打ちはじめ、いまでは熱すぎて身につけていられないほどになったからだ!

魔法の指輪が、邪悪な存在を警告している。
あなたは不安な気持で立ちつくしていた。

「一流剣士であることを示しましたね、リシア」

マックスの実い声があなたのすぐそばできこえた。

「でも、あなたは、わたしの若い友人の敵になってしまったようだ。
彼はちょっとやそっとでは、この屈辱はわすれないでしょう」

「でも、彼の望んだことですもの!」

あなたは腹立たしげに大声を出した。

「おたがいに後ろからたたきあっただけだし、はじめたのは向こうだわノ」



「ノ」ってのは「!」のことですな。
OCR、ちょっとかわいい。




「彼があんなに怒りっぽいのなら、仕事の相棒に望ましいかどうか疑問だわ」

学者の美しい顔がちょっとかげった。

「彼も気をとりなおすだろうし、あなたもそうでしよう。
島へ行く船は雇ってあるのだから、いますぐにでも出発できますよ。
ぼくがティムを探して、傷ついたプライドをなだめている間に、あなたはみんなの食料を買ってきてくれませんか?」

マックスヘの信頼と、指輪の警告がもたらす不安とで、あなたの心は乱れていた。
二人の男性と同行するか、同行を辞退するか、ただちに決心しなくてはならない。



指輪の警告にもかかわらず、マックスとティムの仲間になる気なら66ページヘ。

自分だけでピトリック島へ行きたいと思うなら56ページへ。



さて来ました選択。
つか、もう彼らの仲間になること決定ではなかったんだ…w


どっちがみたい?とか、ありますでしょうか?
コメントか拍手で一票を投じてくだされ。
多いほうの続きを書きたいと思います♡

特になければわたしの1票で次へw



ちなみに、拍手ボタンの殿方&お嬢様方へ。
拍手ボタンの後、適当な名前で問題ありませんので、どちらを選ぶかだけ残してくだされー。

「66」
「56」

とかだけでもOKですよー♡






一緒に行くか、一人で行くか。


つか、一人でももうピトリック島に行けちゃうの?
もうついちゃうとか…ゲーム後半なの?w

24時間以上経過したら、続きをかくよ!

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「指輪は本当にティムに反応していたでしょうか。それとも、マックスの登場に反応していたでしょうか。怪しいわ。」<主人公口調に

マックスとティムの中、一人だけが悪意を抱いていると思います。だとしたら、もう一人の命は危ないです。見捨ててはいけないと思います。

と言うことで「66」をえらんで、一緒に行きます。

とこるで、ゲーム暦の中でいろいろな経験がありますけど、やはり盗賊とのお尻ぺんぺんバトルはこれで初めてですw
Shadowminister URL 2011/11/22(Tue)  01:49 編集
おしりぺんぺんバトル!
その名前の付け方すてきだ!
気に入ってしまいました!

この女子だからって戦闘の手抜き感みたいなものが当時は好きではなかったのですが、今(当方39歳w)ならなんとなく許される気もします…。
ぱーる 2011/11/22(Tue)  18:16 編集
TRPG千人斬り、更新。<ルーンクエストのイラストだけ! HOME 1-10 盗賊・ティム ◆ちゅーしないとしぬゲームブック、愛のアドベンチャー・ゲームブック。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
xxについて
HN:
pearl_of_power
HP:
性別:
女性
趣味:
TRPG
自己紹介:

ゲームばかりの人生。セラヴィ。



カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最近買ったもの3つ
最近買ったもの3つ







コメント
[11/16 ぱーる]
[11/27 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/15 ぱーる]
[08/06 ぱーる]
[02/20 ぱーる]
[01/18 ぱーる]