忍者ブログ
TRPGとメタルフィギュア好き。 現在オンセはD&Dしています。 タイトルの由来はダイエットしなくちゃならないところだから。
2年にわたるグランクレストのオンセがエンディングを迎えました!
うれしいうれしい!
嬉しさを記録として残すことにしますー。
3人のキャラクターを使用したので、3人のエンディングについて記します。
まずはマドレーヌ婆から。




コートウェルズ島・クリフォード市に戻ったマドレーヌ婆はひとつ溜息のようなものをついた。
「これで終わったかのう」
ため息は彼女の癖になっていた。こうしたほっとしたときにも、わざと大きく息をついて、自分の中で一区切りを示すようになっていた。

「母上、御無事でありましたか!何よりです!何よりです!」
息子であり市長のマーセルはすぐにやってきて、母の無事を心から喜んだ。彼自身十分に白髪の老人、といういでたちだが、かなりのマザコンに育ててしまったせいで、こういうときの口調は少年のようなものであった。
「育て方を間違ったのう、まさか自分の息子も年をとるとちょっとウザなるとは思わなんだ」
「何といいましたか母上」
「何でもない」
「ところで、母上のお仕事とかかわりがあるのでしょうか、ディバイド火山の竜の吐息が数日前から見えなくなりまして」
「ほう」
息子であり、市長であるマーセルはさらに続ける。
「竜の吐息と言われた蒸気が見えなくなったのは…有史以来一度もありませぬ。もしかするとあの憎き竜の活動が何らかの理由で停止しているものと考えております」
「ほう…」

マドレーヌは顎に手をあてて考え込む。
すべての指には身代わりの魔石がついた指輪をしている。既に、魔石は10のうち6つが壊れ、枠だけになっていた。原始の混沌竜との戦闘がいかに激しかったかを物語っている。

「念のため、ベイガ市でも同様か、現在観測隊へと連絡を取っております」
「そうか…竜パンドラが消滅したわけじゃから…何らかの関係があるかも知れぬな」
「そうですね…混沌竜が倒れたとて、コートウェルズに巣くう憎き竜王イゼルガイアまで簡単に滅びるとは思いませんが」
「ふむ」
「ですが、まずは母上がお戻りになったことが何よりの朗報でございます。今宵は街をあげての戦勝会を開きましょうぞ!」
「…いやワシはゆっくりしたいのう」
マドレーヌは面倒そうな顔で息子に答えた。
「いえいえ、お母様の偉業!これは皆でお祝いしませんと!」
「いやワシは別に…」
「いえいえ!そうはいきませぬよ母上!聞け、皆のもの!母上はこれからお休みになる!支度をせい!そして夜には戦勝会を行うぞ!そちらの支度もつつがなく行うように!」

マドレーヌ婆は、城に戻ってきてから2回目の幸せなため息をついた。




マドレーヌ婆は、30レベルになるぐらいだから、今までよっぽど真面目にコツコツやってきたんだろうなあと思います。
なんていうのかなあ、地道に積み上げた生活、地位、力、そのすべての地盤は揺るがない、というか。
だから、エンディングの日常は、なんだかしっかりほかほかしたものに。
きっと、婆の日ごろの真面目さのおかげかと。
これが30レベルなんじゃないかというぱーるさんの結論の一つです。

拍手[2回]

PR
グランクレストエンディング・エミーリヤのハレの日。 HOME 20160419・ウォーハンマーオンセ・呪われし道 ~とあるチンピラの天帝戦槌~スケイブン製のアレ。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
xxについて
HN:
pearl_of_power
HP:
性別:
女性
趣味:
TRPG
自己紹介:

ゲームばかりの人生。セラヴィ。





カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最近買ったもの3つ
最近買ったもの3つ







コメント
[11/16 ぱーる]
[11/27 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[11/23 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/17 ぱーる]
[08/15 ぱーる]
[08/06 ぱーる]
[02/20 ぱーる]
[01/18 ぱーる]